小田郁枝のブログです。演奏活動などについて。

ブログ一覧

「響き合うバロック」コンサート

一昨日は福山市のリーデンローズ 小ホールで「響き合うバロック」コンサートを開催しました。2月とは思えない暖かな土曜日、バロックに興味のお持ちのお客様に充分楽しんで頂けたようで、私たちもほっとしています。今回のコンサートで特に工夫したことは、2本のフルートがチェンバロの奥の位置で演奏したことです。バロック期の絵画に描かれている室内楽の演奏スタイルを模したものですが、意外に効果があり、アンサンブルの精度も上がったようで新たな発見でした。プログラム最後のバッハのトリオソナタ ト長調は4人の息もぴったり合い、タイトル通りの「響き合うバロック」となりました。ご来場くださったお客様、ありがとうございました。

2024年02月19日

旅するチェンバロコンサート vol.4

10月15日 秋晴れの爽やかな日曜日、たくさんのお客様にご来場いただき無事終了しました。ありがとうございます。川本真利江さんのフルートとのアンサンブルは、テレマンとモーツァルトでした。コンドルの羽軸を使った爪で弾く私のチェンバロは、コンサート前に調整したことで、いつもより響いたように感じました。プログラム各曲の時代は幅広かったのですが、それぞれの味わいがあり、みなさまにお楽しみいただけたようです。

2023年10月22日

なかたミュージアム チェンバロコンサート

 7月23日、親子コンサートというタイトルでマリンバの松田亜希子さんと共演しました。夏休み中のお子さんにも楽しんでいただけるよう、よく知られている曲を中心にプログラムを組みました。2008年から続けているなかたミュージアム チェンバロコンサートですが、マリンバとの共演は今回がはじめて。どのような響きになるのかわくわくしながらリハーサルしました。音響のすばらしいなかた美術館第1展示室はマリンバとチェンバロの音色をうまく包んでくれて楽しいコンサートになりました。
プログラムの最後には、会場のみなさま、スタッフの方々と一緒に「ほたる」「山の音楽家」をボディーパーカッションをまじえて演奏し元気いっぱいに終わりました。

2023年07月29日

チャペルコンサート

 チャペルコンサート
7月2日(日)リーガロイヤル広島のチャペル リュヴェールで開かれたコンサートで演奏させていただきました。七夕にちなみ「星に願いを込めて」というタイトルです。
多くの方が開場前から並んでくださり、11時と14時の2回公演で、合わせて266名もご来場くださいました。ヴァージナルとフルート(演奏:岡野映さん)のよく合う響きは、真っ白いチャペルごしの木立の緑と相まって、ゆったりとしたひとときをお過ごしいただけました。

2023年07月09日

ミュージアムコンサート

6月25日 なかた美術館 ミュージアムコンサート&レクチャーで「How to play the チェンバロ」をおこないました。3回目となる今回は参加した方もチェンバロを弾いてみるというかたちにしました。
ピアノとの発音原理の違い、チェンバロ特有の指の使い方、アーティキュレイトなどの実践を交えたHow to 講座の最後には3曲演奏しました。終演後もいろんな質問を受けて、みなさまに楽しんで頂けたと感じました。
チェンバロを備えたなかた美術館でのコンサート、次回は7月23日の「親子コンサート」で、マリンバの松田亜希子さんと共演します。珍しいデュオ、ご都合よろしければ美術館にご予約の上、是非お出かけください。

2023年06月30日
» 続きを読む